なかなか時間がなくて玄関の片付けが出来ていなかったので、主人が子供と一緒に遊んでくれている間を利用して玄関を片付けていました。でも、玄関には買って来た靴の箱とかが散乱していて、中が空っぽなら箱を捨てようと思ったのですが、主人が結構セールの時に靴を数足買って来ていたので、その箱だけでも結構場所を取ってしまって大変でした。それに玄関にはなぜか弾けないくせに主人のギターまで置いてあるし、場所を移動すると主人は嫌がるので結局そのまま玄関の角に置いておきましたが、他にも子供が夏に外で使っているおもちゃとかも結構場所を取るような大きさで本当に邪魔な感じで玄関に有ったのですが、玄関の家具に入るおもちゃとかは玄関の家具の中も整理整頓をし直して何とか入るようにして、それでも入りきらなかったおもちゃとか靴の入った箱とかは玄関の家具の上に重ねておきました。確かに見た目は山積み状態に見える感じなのですが、玄関の床に物を置かないようにしただけでも随分とスッキリとした印象になったのでまだ良い方かな、と思いました。物が多すぎるので本当に大変でした。http://www.miaa.biz/

横浜DeNAベイスターズが最後に優勝したのは今から18年前の1998年でした。
その当時の優勝はチームとして何と38年ぶりの優勝、もちろん前回の優勝を経験した選手はなく、チームスタッフの中にも前回の優勝を経験したものはいないと言う状況でした。
この年は投打のバランスが噛み合い、今考えても当時のチームを上回るチームは12球団どこを探しても見当たらないと言った感じでした。
権藤博監督の下、投手陣は先発ローテーションの確率、そして中継ぎ陣にもローテーションを用いて最後はハマの大魔神こと佐々木主浩投手が抑えると言う勝ちパターンが確立、打線はチームバッティングを徹底し、ホームランバッターこそいなかったものの、石井、波留の1、2番コンビがチャンスを作り鈴木、ローズ、駒田と言ったクリーンアップがそれを返すと言う打線が確立されました。
そして年間を通して捕手として谷繁選手がチームを支え、2位以下を圧倒的な差で引き離してのぶっちぎりの優勝でした。キレイモ 仙台