昨日のニュースで今後の税制に改革案が出ていました。それによると配偶者控除を150万にあげるとのことや、酒税が現在酒ごと、特にビール類がばらばらなので10年間にわたってビール類の税率を同じにするとの事です。また日本酒とワインの税率も同じにするとのことです。
現在ビールの税金が高いため発泡酒が出てきましたが、それも売り出された当初は税金が安かったのですが、今はそれ程安くはなく、そのため第3のビールが売り出されています。その第3のビールの税金は他のビール類より安いのです。そのためビールの種類で税金が違っていますので、値段も違っています。そのため不公正な面が出てきています。そのため税金を同じにするとのことです。日本酒やワインもアルコール度数が近いので税金を同じようにするようです。
酒の税金はアルコールの度数が高いものほど高くすべきだと思います。ビールはアルコールの度数が低いので他の酒より税金が低くても良いと思います。アルコール飲料は健康に影響を与えるので、そのことを考えて度数の高いものほど税金を上げるべきではないかと思っています。
キレイモ 学割

子どもが2歳になるので、少しずつ便所育成をどうにかみました。
もともとはオムツ特徴も望ましいし、依然としてオムツでいいかなと思っていたのですが、傍らが便所育成の話をしていたり、夏場にするのがいいと聞いたのでこの時期に取り掛かりみようと思いました。
とはいっても、依然朝方起きたらオムツに腹いっぱい小水をやるし、昼も「おまるに座って見る?」と聞くと「でた〜」と言ったりして、実際には便所ではまだまだできていません。
便所に陣取ると歩きがつかないので踏ん張りがきかないようで、なんだか難しそうだ。
それでも、誰かが便所に入っているとやってきて「でた〜?」と聞いてくるので、便所には興味があるようです。
おまるは歩きが付くので少しは踏ん張り易いようですが、小水がちょろっと来るだけでどうにもはいちまでは厳しいみたいです。
便所育成は、ずいぶんストレスになると訊くので無理は諦める近所に頑張ろうと思っているのですが・・・
楽に夏季が過ぎていきそうな気がします。
寒くなると便所にいくのもおっくうになるので、できるだけならあったかい折に便所育成を完了するか、また翌年まで引き延ばすか・・・。
世の中の女性やつは強いと思います。
でも、いつかは遠ざかるオムツなのでこういうタームを楽しんで子どもと頑張りたいと思います。アイフル ばれる